骨格(背骨)の仕組み

骨格(背骨)の仕組み

背骨は脊柱ともいい、いくつもの骨が連結して構成されています。腰痛対策について詳しく解説する前の基礎知識として、

ここでは、背骨の仕組みについて解説します。

背骨の構成と骨盤

背骨は脊柱といい、上から頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙椎(せんつい)、尾椎(びつい)に分けられます。

頸椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個の骨があります。成人では5個の仙椎が癒合して仙骨になり、3個〜6個の尾椎が癒合して尾骨を構成します。

仙骨の両側には耳のよな形をした寛骨があり、これが骨盤を形成しています。仙骨と尾骨は、骨盤を後ろから支える壁のようになっています。

この仙骨は、人体における代謝などのバランスを保持する重要な骨です。これは、骨盤矯正やダイエット効果と深く関係するので、日頃からゆがみの予防をこころがけましょう。

生理的弯曲(せいりてきわんきょく)とは

脊柱は後ろから見ると縦にまっすぐ伸びていますが、横から見ると、頸椎と腰椎では前方に凸の緩やかなカーブを描き、胸椎と仙骨・尾骨では後方に凹の緩やかなカーブを描いています。これを生理的弯曲といい、前方の凸のカーブを前弯、後方の凸のカーブを後弯といいます。

生理的弯曲が背骨と骨盤を正常に保つ

人はこの生理的弯曲によって身体のバランスをとり、日常生活に適した姿勢が保てるのです。この弯曲にゆがみが生じると腰痛だけでなく、全身に様々な悪影響を及ぼすことになります。

背骨や骨盤を常に正常な状態に保つためにも日頃から意識的に姿勢や何気ないクセを治す意識がけをしましょう。

腰痛対策グッズのご紹介

対策グッズのご紹介 つらい腰の痛みをケアする、便利な腰痛対策グッズをリストアップしているので、コルセットやサポーターをお探しの方の参考にしていただければ幸いです。

ベルト・コルセット一覧】【クッション一覧】【対策グッズ一覧



【NEXT】→ 椎骨・椎間板・筋肉の役割

【BACK】→ 腰痛と骨格

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】