ゆがみと育児ストレス

ゆがみと育児ストレス

骨盤の歪みとストレスが最も影響するものに、妊娠と出産があります。妊娠期間中は、骨盤が開き、出産時は最大限に開きます。産後は、心身ともに非常に不安定であり育児ストレスなどを感じやすくなります。

ここでは、妊娠と出産で歪んだ骨盤によって感じる育児ストレスとの関係について解説します。

当コンテンツにおける歪みの起こすトラブル症例のなかでも、最も顕著に体に負荷を与えるのが産後の骨盤の歪みです。

女性は、出産後すぐに向かえる育児があり、たださえ不安定なコンディションの中で育児という重要な役割を担わなければなりません。そこには個人差はあれ育児ストレスもあります。少しでもお役に立てればと当コンテンツを掲載しましたので、ご活用いただければ幸いです。

産後の歪みとストレス

産後の開ききった歪んだ骨盤は、筋肉の活力が徐々に回復していくことで時間とともに元の状態に戻ります。

しかし、妊娠・出産前の正常な状態に戻る期間における心身のバランスはとても不安定です。

これは、
ゆがみによる交感神経・副交感神経の働きが乱れ、ホルモン分泌の阻害が影響
するからです。

産後のイライラや不安感、不眠症などのストレス症状は、骨盤のゆがみが深く関係しているため、症状が酷いのであれば無理をせずに専門医に相談をしましょう。

ゆがみと育児ストレス

産後は、開ききった骨盤の歪みや、筋肉の活力回復など、妊娠前の正常な状態にいち早く戻そうと体内で様々な変化が起こります。

また、子供を育てる役割が加わることで心身ともに良くも悪くも負担がかかります。しかし、ネガティブ要素だけを捉えるのではなく、子供の成長とともに自身の成長と捉える前向きさがなによりも大切です。

育児ストレスは、骨盤のゆがみの回復状態により度合いが変化しますが、心身ともに健全な状態で育児をするためにも歪みの早期回復を心掛けましょう。

★サイトオーナーからの注意点
産後の矯正ダイエットできれいなスタイルに戻そうという試みは良いですが、前述のとおり産後は、肉体的にとても不安定な状態です。専門医と相談のうえ、使用の許可が出てから矯正ベルトやハラマキなどのグッズを使用するようにしましょう。



【NEXT】→ 骨盤矯正ダイエットとは

【BACK】→ 骨格・筋肉への影響

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】