骨盤の歪みによる新陳代謝の低下

ゆがみと新陳代謝

骨盤は、人体の支柱である脊椎(背骨)と直結しており、これが捻じれやゆがみを起こすと、内臓や各器官の機能低下、血液、リンパ液などの循環不全など、様々な弊害を引き起こします。

ここでは、ゆがみを原因とする新陳代謝の低下について解説します。

矯正ダイエットや腰痛対策を施すうえで重要なポイントになるのでご参考にしていただければ幸いです。

歪みによる新陳代謝の低下

ゆがみは、体内活動やホルモンバランスを安定させる「新陳代謝」に悪影響を及ぼす原因になります。

骨盤が歪みは、連結している脊柱(背骨)を通じて、やがて全身にわたってゆがみが波及します。

また、歪みによって引き起こされた緩みや広がり、捻じれは、臓器を下腹部に下降させるため、内臓などの各器官を圧迫させる原因となります。

さらに、血液やリンパ液などの体液の循環を滞らせ、人体のバランスを司る新陳代謝の機能を損なう原因になるので、歪みの放置はスタイル面ばかりではなく健康面でもマイナスです。

新陳代謝の低下による影響

骨盤がゆがみによる新陳代謝の低下は、血液循環の停滞、低体温、冷え性、低血圧など様々な症状として現れます。

新陳代謝は、身体に蓄積した老廃物を排出を促す重要な機能を司ります。この老廃物を排出する機能が低下すれば、便秘や肌荒れ、むくみなど健康と美容に悪影響を及ぼします。

美容と健康を考えるうえで、新陳代謝の低下は見逃せない改善ポイントの一つと言えます。歪みは、骨盤体操や整体治療、矯正ベルトなどの対策グッズなどで解消することができるので、興味のある方はお試しになると良いでしょう。



【NEXT】→ 自律神経失調症

【BACK】→ ゆがみのトラブル症例

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】