妊娠と出産による骨盤のゆがみ

ゆがみの原因(妊娠・出産)

骨盤のゆがみに最も影響を及ぼす原因に妊娠と出産があります。女性特有の機能である妊娠・出産は、骨盤の開閉が著しく起こるため、元の状態に戻すまでに時間がかかり、同時にゆがみを引き起こしやすくなります。

ここでは、妊娠と出産によって引き起こされるゆがみの原因について解説します。

妊娠中の骨盤

妊娠中の骨盤は、可動域の限界まで拡がります。特に妊娠中の子宮は、胎児の成長に合わせて胃を押し上げるほどに膨張します。子宮の膨張は、妊娠ホルモン「リラキシン」の分泌が大きく作用します。

妊娠ホルモン「リラキシン」は、骨盤の靭帯を緩めて拡張させる作用があり、胎児の成長にしたがって大きくなる子宮を支えやすくする効果があります。また、リラキシンは、出産時に胎児が産道をスムーズに通れるように骨盤を最大限に押し拡げる作用があり、出産を助ける役割もあります。

産後の骨盤

妊娠と出産を終えた後の子宮や骨盤の状態は、個人差はあれ通常であれば1ヵ月半から2ヶ月の産褥期を経て、徐々に妊娠前の状態に戻っていきます。

しかし、妊娠期間中における母体は、慢性的な運動不足の状態です。安静な状態を維持するかわりに運動量は極端に減少し、骨盤周辺の筋肉の量は妊娠前と比べてかなり減少することになります。

特に影響を受ける筋肉は、深層筋の骨盤底筋・腸腰筋群が活力を失い、緩みや広がりなどの歪みの原因になります。

元に戻りにくい理由

妊娠・出産という大仕事を果たした骨盤は、上述のとおり元に戻すまでに時間がかかります。

この状態を長く放置すると、広がった骨盤内に内臓が落ち込んで下腹がポッコリしたり、筋量が低下した骨盤周辺に皮下脂肪が蓄積しやすくなります。

これらの症状は、妊娠ホルモン「リラキシン」の過剰作用が原因することもあります。リラキシンの過剰作用は、ゆがみや広がりを妊娠前の状態に戻しにくくする原因の一つとされています。

ゆがみや広がりの症状が改善しない場合は、専門医の診療を受け、医師の指示のもと無理のない範囲で産後のダイエットや矯正グッズの使用をすると良いでしょう。
ただし、帝王切開による出産をした場合は、必ず医師の指示を受けてから行うようにしましょう。



【NEXT】→ ゆがみの種類

【BACK】→ ゆがみの原因(日常生活)

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】