日常生活における歪みの原因 

骨盤のゆがみの原因(日常生活)

骨盤は、靭帯、間接、筋肉が強力に結合し合うことで形成されています。日常生活においても姿勢の保持を担うために、常にストレス(負荷)が掛かかるものです。

ここでは、日常生活におけるゆがみの原因について解説します。

体を支える役割

人が日常生活をするうえで、身体を支えるために必要な圧力は骨盤に集中します。上半身と下半身にかかる圧力の分担や、身体のバランス保持も骨盤が要となる役割を担っています。

姿勢・バランスとの関係

日常生活において、私たちは身体を左右均等にバランス良く使うことは殆どないと言えます。一流のアスリートや、普段から良い姿勢を心掛けていない限り、良い姿勢やバランスを維持することはとても難しいのです。

したがって、日常の何気ないクセや、職場環境などがゆがみを引き起こす原因になるのです。

日常生活における注意点

日常生活において、以下のような事例に該当する方は特に注意と改善が必要です。

  • 長時間にわたり同じ姿勢(前屈みでパソコンに向かうなど)
  • 左右どちらか片方に寄りかかるような姿勢
  • 足の組み方がいつも同じ
  • バッグを持つ手がいつも同じ
  • 食事はいつも同じ側の歯で噛むことが多い
  • 身体の重心が常に一方だけに偏っている

などの事例がある場合は、骨盤に過度なストレス(負荷)をかけ続けていることになります。

これらの事例は、日常において特に意識せずに行う行動とも言えます。また、利き手、利き足に重心が偏るのは仕方がない行動とも言えますが、それが習慣として長期間続くと骨盤のゆがみや腰痛の原因となります。

ゆがみの予防や対策は、上述のとおり日常から意識しない限り難しいものです。
ですが、矯正ベルトや対策グッズを上手に活用すれば無意識のうちに対策が施せるのでとても便利です。ゆがみ対策だけでなく腰痛の改善や、ダイエット効果の相乗効果も期待できるので試してみるのも良いでしょう。



【NEXT】→ ゆがみの原因(妊娠・出産)

【BACK】→ 骨盤のゆがみとは

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】