妊娠と出産後の歪み対策

妊娠・出産の関係

女性の骨盤は、男性と比較して横幅が広く、縦に狭い構造になっており、妊娠・出産に柔軟に対応できる仕組みになっています。

ここでは、骨盤のもつ妊娠と出産の関係について解説します。

当コンテンツは、産後の骨盤矯正ダイエットに取り組む女性のための解説ページです。 産後のゆがみ対策で補正下着や矯正ベルトの使用を考えている方のご参考にしていただければ幸いです。

妊娠・出産時の骨盤

日常生活において呼吸などにより頻繁に開閉を繰り返している骨盤ですが、その開閉度合いが最大になるのが妊娠時においてです。

一般的な妊娠から出産までの10月10日の期間中の骨盤は、胎児の成長に合わせて開く幅が徐々に大きくなり、出産時においては最大限に開きます。

女性特有の妊娠による歪み(開き)は、出産時に胎児が産道をとおる手助けとなる役割があります。

出産後の骨盤

妊娠・出産により最大限に開いた(ゆがみが生じた)骨盤は、時間の経過とともに徐々に妊娠前の状態に戻っていきます。

しかし、人によっては閉まりがうまくいかず、開いた状態が続くことで歪みが招くスタイルの崩れや、肥満体型、腰痛など様々なトラブルに悩む方もいます。

骨盤が開いた状態のまま歪みが長く続くと以下のような症状を引き起こす可能性が高くなります。医師の相談のもと、産後は矯正ベルトや補正下着の着用、エクササイズなどで適切な歪み対策を施す必要があります。

【産後のゆがみ症例】

  • 冷え性
  • 肥満
  • O脚
  • バストの垂れ下がり など

これらの症状は、高齢による出産や大きな新生児を出産した場合に起こりやすいとされています。

以上のように、産後は妊娠期間中の慢性的な運動不足による筋肉の活力の低下や、著しく開いた(歪み)骨盤によるスタイルの崩れ、出産後のエネルギーを蓄えようとする体の働きによる脂肪の蓄積などで不安定な状態になります。

妊娠前の状態に戻るには、個人差はありますが時間がかかるものです。

ですが、妊娠・出産前のスタイルに戻すには、医師の相談のもと矯正ベルトや補正下着などのゆがみ対策グッズの使用、エクササイズやヨガなどの体操法を施せば比較的に容易に歪みの解消効果があらわれるものます。



当サイトでも、産後の骨盤矯正ダイエットをサポートする各種ゆがみ対策グッズを紹介・解説しておりますので、産後の歪み対策にお役立て下さい。

★産後の巻くだけダイエットに最適な【骨盤矯正ベルト一覧

★妊娠・出産でゆがんだ骨盤を矯正する【補正下着一覧

★座るだけで歪みや腰痛対策ができる【骨盤矯正クッション一覧

★骨盤矯正に最適な【ゆがみ対策グッズ一覧

ゆがみ対策グッズの使用は、医師の相談、適切な指示のもとで使用するようにしましょう。特に帝王切開後による出産をした方は注意が必要です。

自分のコンディションに合わせてこれらの対策グッズを試してみましょう。

妊娠・出産を終えた後の『産後のダイエットグッズ』をご紹介

産後の骨盤矯正ダイエットに最適!
妊娠・出産前のプロポーションより健康的なスタイルを目指してみませんか?

即効-6cm QVCベルト 産後 矯正ベルト 骨盤ウォーカーベルト
リセットプロポーションベルトとしても有名な『骨盤ウォーカーベルト』は、産後のダイエットにも最適!
妊娠前のスタイルに健康的に戻せるサポートベルト!



5スリミングショーツ micaco産後 補正下着 5スリミングショーツ
QVCでも大人気!micacoのイスパイリング補正下着のNEWバージョンが登場!
ひざ丈・股上がプラス3cmに!産後ダイエットに最適!



産後太り解消 おやすみサポートパンツ 産後 ダイエットパンツ おやすみ骨盤ホールドパンツ
芸能人ブログで紹介後から話題沸騰中!寝ている間に骨盤ダイエット!履き心地が良いので大人気。
産後太りでお悩みの方にオススメ!



【NEXT】→ 骨盤矯正に必須!大転子とは

【BACK】→ 女性特有の機能

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】