骨盤の仕組み ゆがみ(歪み)の関係

仕組みと役割

骨盤とは、大腿骨と脊柱の間に位置し、体を支える骨の一群を指す骨格の総称のことをいいます。

ここでは、骨盤の仕組みや人体における重要な役割について解説します。

当コンテンツをご覧になられている方の多くは、すぐに歪み矯正によるダイエットや、姿勢矯正、腰痛対策に取り組みたい気持ちや、興味がある方々だと思います。

いきなり、ゆがみ対策を施すよりも、まずは正しい基礎知識の習得と把握から始めることが各対策の成功の秘訣になるので、しっかりポイントを押さえましょう。

役割について

骨盤は、上半身と下半身を支える役割があり、強力な間接、靭帯などが複雑に連結した仕組みになっています。

また、腹部の臓器を収納する役割もあり、
これに「ゆがみ」「ゆるみ」が生じると、内臓が下にさがってしまう内臓下垂を引き起こし、ぽっこりお腹の原因になります。

さらに、骨盤は新陳代謝やホルモンバランスを整える重要な機能があります。

つまり、
骨盤に「ゆがみ」「ゆるみ」が生じると、体型の変化、肥満、腰痛、新陳代謝の低下、ホルモンの乱れ、などを引き起こす原因となり、人体における美容と健康に悪影響です。

ダイエットをしても中々その効果を実感できない人は、実は骨盤のゆがみが原因であることも多いので、日頃から意識してメンテナンスをすることが重要となります。

重要性について

骨盤は、身体を支える役割だけでなく、人体における様々なバランスを整える重要な役割があります。

この人体におけるパラメーター的な存在である骨盤の「ゆがみ」「ゆるみ」を放置すると、血液やリンパ液の循環を阻害し、肥満体質やメタボリックシンドロームなどの症状を引き起こすリスクが大幅に高くなります。

また、腹部や尻部などの下半身太りなどに繋がり、美容と健康を損なう原因となります。さらに、ゆがみは腰や背中、お腹周りの筋肉を緊張状態にします。
これは、つらい腰痛を引き起こす原因となります。

以上のように、仕組みや役割を知ることは、健康と美容を考える上でなくてはならない重要な基礎知識となるのです。

ゆがみ矯正の必要性

ダイエット効果がなかなか実感できない人や、腰痛に悩まされている人は、
まずはゆがみの矯正を視野に入れた対策をすると良いでしょう。

この歪み矯正は、新陳代謝やホルモンバランスの向上にるダイエット効果や、人体における骨格の要が安定し、上半身と下半身のバランスが向上で腰痛の解消も行える理想の方法と言えます。



当サイトでは、ゆがみ対策における解説コンテンツや、各種の歪み対策グッズを紹介・解説をしております。

骨盤矯正ベルト一覧】【補正下着一覧】【骨盤矯正クッション一覧】【ゆがみ対策グッズ一覧

これらの対策グッズ一覧の各種アイテムは、正しい基礎知識を把握したうえで活用すれば、目標とするダイエットや姿勢矯正、腰痛対策などの効果を最大限に発揮するのに役立ちます。
歪み対策が簡単に出来るグッズにご興味のある方の参考になれれば幸いです。



【NEXT】→ 形成について

【BACK】→ 仕組みについて

【骨盤矯正ダイエット&腰痛対策TOPページへ】